トップページ  >  情報コーナー  >  情報公開制度  >  情報公開の流れ

情報公開の流れ

請求者(原則として本人。委任状があれば代理人可)
《公開を請求できる方》
どなたでも実施機関に対して情報の公開を請求することができます。
公開の請求
情報公開窓口:宗像地区事務組合総務課(多礼浄水場3階)
《請求の方法》
情報公開に関する案内、相談及び公開請求の受付などを総務課で行います。所定の請求書に必要事項を記入の上、提出してください。電話や電子メール・口頭での請求はできません。
◆請求書の提出
《実施機関》
この制度の実施機関は、組合長、公平委員会、監査委員、公営企業管理者及び議会です。
《対象となる情報》
平成19年4月1日以降に実施機関の職員が職務上作成したり、取得した文書、図画、写真、フィルム又は電磁的記録であって、当該実施機関の職員が組織的に共有しているものです。
なお、平成19年度以前の情報の請求に対しても、できるだけ公開していくよう努めます。
《請求に対する決定》
請求に対する決定は、請求があった日の翌日から起算して14日以内に行います。ただし、やむを得ない理由がある場合は、期間を延長することがあります。
◆公開・非公開の決定通知
《公開できないことがある情報》
公文書は原則公開となっていますが、公文書に以下のような情報(非公開情報)が含まれている場合は、その公文書の全部又は一部を非公開とします。
・法令などの規定に基づき公開できない情報
・個人、法人などに関する情報
・人の生命などの保護や公共の安全と秩序の維持に支障が生じる情報
・行政運営、事務事業の公正、適切な執行、意志形成などに支障が生じる情報  など
◆公開
閲覧及び写しの交付
 指定した日時に、通知書を持参してください。閲覧については、無料ですが、郵送料・コピー代などの実費負担はあります。
情報公開窓口 
宗像地区事務組合総務課
◆閲覧
◆写しの交付
 
◆非公開
不服がある場合
 公文書の全部又は一部を非公開とする場合には、決定通知にその理由を示していますが、不服のときは、審査請求をすることができます。
審査請求は、通知を受けた日から3ケ月以内にしなければなりません。
 不服申立てがあった場合は、実施機関は学識経験者などで構成する「情報公開・個人情報保護審査会」に審査を求め、その審査結果を尊重し、再度の決定をします。
◆不服申立て ◆決定・裁定通知
≪実施機関≫

諮問

答申
≪情報公開・個人情報保護審査会≫